巷では、先日、西野監督が率いる、サッカーワールドカップ日本代表が発表されました。

今回は、将来の日本代表入りが期待される若手のホープである小川航基さんの情報をご紹介します。

小川航基は、結婚しているの? ということに関しては、まだ20歳ですし、結婚はしていないということです。

ただ、ネット検索すると女性問題というキーワードがよく出てくるようです。

小川選手はイケメンだから、チャラチャラしているんじゃないの、と心配する方がいるのでそのようなキーワードが出てくるのでしょうか。

本当のところは、所属するジュビロの先輩選手が不倫問題を起こして処分されたからだそうです。

そのため、ジュビロの選手を検索すると、誰でも女性問題というワードが出てくるようです。

ですから、小川選手については、女性関係の情報は全く出てきていなくて、今のところ全てのパワーをサッカーに向けているといったところではないでしょうか。

2016年にジュビロに入団した小川選手は、名波監督の方針もあって、あまりリーグ戦には出ていません。

また、同じフォワードにタイプの近い川又選手がいて、なかなかスターティングメンバーに選ばれることは難しいようです。

一方で、小川選手は、各年代別の日本代表には召集されていて、活躍してきました。

そんな中、小川選手は、2017年5月に、FIFA U-20ワールドカップのメンバーに選出され戦っていました。

その大会の途中で試合中に膝をひねり、左ひざの前十字じん帯断裂および半月板損傷の大けがをしてしまいました。

2020年東京五輪世代のエース候補と将来を嘱望されている小川選手ですが、昨年の大けがは本当に厳しい状況であったと思います。

それが、先日、U-21日本代表としてトゥーロン国際大会2018(フランス)に出場して、「329日ぶりの先発」というタイトルが新聞などで踊りました。

本人も本当に一安心というところだと思いますが、やっと東京五輪に向けてリ・スタートを切ることができたという状況だと思います。

これからしっかりとコンディションを上げて行って、けがをする前以上のパフォーマンスを見せてほしいと思います。

小川選手の年俸の推移は次のとおりです。(金額についてはいずれも推定)

・2016年 18歳 480万円

・2017年 19歳 480万円

・2018年 20歳 800万円

ジュビロであまり試合に出ていないこともあって、最初の2年間は480万円でしたが、少しずつ認められて、今年は800万円ということです。

参考にみると、2017年のJ1リーグの平均年俸は2313万円だそうです。

トップはレアンドロ選手(ヴィッセル神戸)の1億6000万円、続いて遠藤保仁選手(ガンバ大阪)の1億5000万円ということらしいです。

小川選手も、ジュビロでレギュラーの座をつかみ、2020年の東京オリンピックや、さらにはフル代表で活躍することによって、さらにステップアップしてほしいと思います。